« 地域の方への情報提供 | トップページ | 地域への情報発信第1弾 »

2005年7月 1日 (金)

英語検定

中学2年生の長男が、英語検定の4級に合格しました。級から考えれば2年生ですので、普通です。私は、外資系に勤めていたこともあり、英語には悩ませれていました。

ただ、ユーターンした後、人事課で採用も少しだけ経験したことから、感想を言いますと、英語の強い人は、大体が積極的であることです。それは、英語を学ぶ姿勢からして、別の言語を面倒だと思わず、口に出して、自らに取り入れるからだと思います。

また採用側も、積極的に学ぼうとする人材が必要なわけですから、語学という判断材料でなく、積極性を買うのだと思います。採用試験で、英語をしているケースが多いのも、こういった判断があるからだとも、自分の経験から思います。

今日、思いついたことがあります。小学6年生に英検5級を取らすように、PDCA教育をすればいいのでは・・・ということです。初めての資格取得にチャレンジすることも、大変意義があります。

幸い、私が長男のために合格練習本をテープに録音しているものが残っています。夏休みに集中すれば、何とかなると思います。次男のPDCA教育をして見ます。小さな目標設定から、PDCAのサイクルをまわし、秋にトライしてみます。

|

« 地域の方への情報提供 | トップページ | 地域への情報発信第1弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語検定:

« 地域の方への情報提供 | トップページ | 地域への情報発信第1弾 »