« ドッジボール大会の結果 | トップページ | PTCAもPDCAのサイクルで。 »

2005年7月 5日 (火)

ptcaとpdcaは、これからのキーワード

私がブログのテーマにしているPTCAとPDCAは、本気でこれからの小中学校の義務教育においての重要な2つのキーワードと確信しています。

PTCAにより、地域を取り組み、少人数のPTAで補えないところをカバーしてもらう、また、地域で子供を育てていくという共通認識を地域全体で持つということです。

PDCAはさらに重要です。人材が国の力そのものである日本において、もう一度、教育そのものを考え直さないといけません。これからは、平均的な人間創りより、創造性のある人間を創っていかないといけません。また、豊かな環境に育っている子供たちに、課題を見つけ出し、継続的に続けていく習慣を作るのが、PDCA教育だと感じています。

PLAN DO CHECK ACTION。常に意識して、課題を自ら作り、ひとつずつ、解決し、PDCAのサイクルを回していく・・・。これにより、生きる力がついていきます。私はそう、思っています。

|

« ドッジボール大会の結果 | トップページ | PTCAもPDCAのサイクルで。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ptcaとpdcaは、これからのキーワード:

« ドッジボール大会の結果 | トップページ | PTCAもPDCAのサイクルで。 »