« PDCA教育 次男のボール投げ | トップページ | プライオリティ(優先順位) »

2005年8月28日 (日)

PDCA教育の重要性

PDCA教育の重要性を説明するとすれば、日本の就労人口6500万人のうち、5000万人がサラリーをもらって仕事をしており、日々改善活動を必然的に求められているということです。

PLAN,DO,CHECK,ACTION。このサイクルを回して、改善活動の基本を身に付けること。改善活動を自ら進めていける能力を体得するこれがPDCA教育の目的です。

大手企業の人事担当からもこう言う意見が大半です。「自ら、課題を見つけ、解決していく能力の高い学生を求める」と。

|

« PDCA教育 次男のボール投げ | トップページ | プライオリティ(優先順位) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PDCA教育の重要性:

« PDCA教育 次男のボール投げ | トップページ | プライオリティ(優先順位) »