« 品川区の特区を聴いて | トップページ | 17年産新米キャンペーン »

2005年8月 3日 (水)

尊敬される国であるために

戦後60年の今年、いろんなテレビ番組なども行われています。隣国に取り返しのつかない、過ちを起こしていると同時に多くの過ちを国内、国民に与えています。

わが国が、世界に尊敬されるために、もうアメリカの機嫌をとるのは止めましょう。

具体的には、2点。1点は核軍縮。そして、環境保護の京都議定書の推進。この2点の特化で世界の信頼を集めることが、日本の生きる道です。

それらを進めるためにも、日本の生きる優先順位を決め、進んでいってほしいものです。

アメリカについていくことが、それほど重要だと、思いません。

|

« 品川区の特区を聴いて | トップページ | 17年産新米キャンペーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尊敬される国であるために:

« 品川区の特区を聴いて | トップページ | 17年産新米キャンペーン »