« 勤勉さ | トップページ | 頑張りのきく子供 »

2005年8月 1日 (月)

頑張り時

10年近く前より、頑張れ!頑張れ!と必要以上に言わないように。といった話がありました。子供を追い込めるといけないというのが、理由だそうです。

いつもいつも、頑張れというのは無責任な発言です。PDCA教育を進めていく中で、頑張り時を、子供に認識さすことが重要です。P,D,C,Aその過程において、頑張り方や、頑張る度合い、乱暴にいれば、頭を使うのか、体を使うのか、そして、基本的な事柄として、自分は、P,D,C,A、今、どの段階にいるのか、ということを認識させるのです。

頑張り時が、わかることによって、子供にも、ゆとりができ、少しずつ、PDCAサイクルがうまく回せるようになるのでは。と考えます。

|

« 勤勉さ | トップページ | 頑張りのきく子供 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頑張り時:

« 勤勉さ | トップページ | 頑張りのきく子供 »