« バック・トゥ・キャンパス | トップページ | ヒデ「日本選手の弱点は・・・」 »

2005年9月 4日 (日)

郵政民営化

公務員の数を減らすという、大枠では賛成です。ひかっかるところは、民営化を要求しているアメリカが国営であること。もうひとつが公社化されて、郵便局の対応が非常に良くなったことです。

つまり、大きなプランを立てれば、試行、検討、そしてアクションです。この民間がとる手法を無視して進めることが危険なのです。

PTAから、地域を入れたPTCA組織に変えたいと主張しているときに、すぐに文書化しないといけないとか、そういう議論が出てきますが、そうではなく。確かな歩みをするために、試行、検討が必要なのです。

選挙の争点で、教育が重要といいますが、具体的な話が出ていません。教育の場にPDCA教育が必要です。

|

« バック・トゥ・キャンパス | トップページ | ヒデ「日本選手の弱点は・・・」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郵政民営化:

« バック・トゥ・キャンパス | トップページ | ヒデ「日本選手の弱点は・・・」 »