« 学力向上には、学校より塾? | トップページ | ソニーの凋落 日経土曜日版 »

2005年10月11日 (火)

ノーベル経済学賞 ゲーム理論

今年のノーベル経済学賞は、ゲーム理論の代表的な科学者2名が受賞しました。75歳と84歳の受賞だそうです。

ゲーム理論は、相手の出方を推測しながら、自分の行動を決める意思決定をシステム化するもので、ライブドアの堀江さんがニッポン放送株を利用して、フジテレビへの影響力をもとうとしたときに使った手法だと思っています。彼の言葉の「想定内」とは、もちろん、ゲーム理論で先手、先手に仕掛けていたから出たものだと思います。

今回の受賞は、ゲーム理論を核の軍縮に応用したという、理由からだそうです。日本人に最もかけている、駆け引きというものは、ゲーム理論の学習で身に付けるのではないでしょうか。

テレビゲームより、もっと面白いのが、ゲーム理論。

|

« 学力向上には、学校より塾? | トップページ | ソニーの凋落 日経土曜日版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル経済学賞 ゲーム理論:

« 学力向上には、学校より塾? | トップページ | ソニーの凋落 日経土曜日版 »