« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月16日 (金)

擬人化作文

この作文は、南国市のptaの広報誌に載せる為に、各学校の会長に依頼されたもので、少し従来と違った趣のあるものを書きました。擬人化作文です。書きながら、この擬人化作文というものは、物を大切にしたりする気持ちが生まれるのではないか。弱いものに対して、やさしい思いやりが生まれるのではないか。と思いました。

広報誌は12月中旬に発行されるようです。

スイカの王冠。

                         稲生小学校PTA会長 前田学浩

※はじめに、この文書は3年生の娘が授業で、“物”になった気持ちで作文することを学んでいましたので、私も挑戦して、夏祭りのシンボルになりかけたスイカの王冠になって書いてみました。

ぼくは、スイカの王冠です。スイカとして生まれた所は、高知県越知町の横畠。この横畠と言う所は、眼下に清流・仁淀川が270度の視野で見える山里のとっても景色のいい所です。川の反対側には、日本最古の地質を持つ横倉山があります。横倉山の南側の坂折川では、今年、オオサンショウウオの生息が確認されました。そんな、とっても自然豊かな所で、農家のおじいさんに大切に育てられ、大きく、大きく育っていました。

夏休みになり、仁淀川で子供たちが水遊びを始めた頃、ぼくは、農家のおじいさんにみそめられ(収穫され)、南国市の飛行場の近く田村という所の歩道橋の西側に行きました。ここでは、多くの仲間(スイカ)たちがいました。その仲間たちは、浮き輪を持った楽しそうな家族連れや男女の若者のグループにみそめられ(購入され)、車で別の場所に行きました。ぼくをみそめてくれたのは、派手なTシャツと短パン、そしてサンダルを履いた40歳くらいのおじさんでした。ぼくは、仲間3個(スイカ)、合計4個(スイカ)と一緒に車に乗って、10分くらい行きました。

車が止まった所は、夏祭りの会場の小学校でした。ぼくが生まれた越知町の横畠小学校は休校になりましたので、子供たちの声を聞くと大変うれしくなりました。でも、ぼくに近づいてきたのは、もう一人のおじさんで「会長、手伝おうか?種飛ばしの準備はどうするが?。」。「えっっと、種飛ばし用は、スプーンで中をくり抜いてスイカの玉を作るき、ほんでスイカの皮のきれいなものを、優勝者に王冠としてかぶらすき、中をふいちょってよ。」

『王冠って何?。』と思ったぼくが、スイカの王冠となりました。

小学校の夏祭りは、久し振りに開催されたとあって、地域の人も大勢集まっていました。夏祭りは6時から保育園児のゆうぎと小学生のリズムでスタートしました。その後、食べ物のコーナーが始まり、食べたり、のんだり、金魚すくいなどもしたり、みんな楽しく、笑っていました。7時30分になり、いよいよ、イベントコーナーの始まりです。イベントは、スイカの種飛ばし、スイカの早食い競争、尻相撲大会、そして花火です。

スイカの種飛ばしは、一人2回ずつ、保育の園児や小学生、そして、大人もやりました。

スイカの種飛ばしチャンピオンは、小学4年生の男の子で約6メートル飛びました。記念に、金メダルをかけてもらい、その後に、ぼくが、渡されました。チャンピオンの男の子は、ぼくをかぶるのをとても恥ずかしがりました。

『恥ずかしいのかな?でも、夏のフルーツの王様はスイカだから、王冠って言うことも、無理ないことなのに・・・。そういえば、ぼくを育ててくれた、おじいさんが言ってたな、近くに子供はいないけど、スイカを大きく育てて、町の子供たちを喜ばすんだって。そうだ来年、もう一度、スイカで生まれてこよう。そして食べておいしい、かぶって素敵な、小学生に喜ばれるスイカの王冠になろう。ぼくはまた、横畠で生まれ、稲生小学校でスイカの王冠になるんだ!!。』。  

※おわりに、来年も夏祭りを実施したいと考えています。そのときは、スイカの王冠には飾り物をつけ、りっぱな物にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

集団下校 ptca組織

集団下校の実施を先週初めより、お願いしています。今週は、地域の方々に、集団下校時に安全ボランティアとして、見守っていただく方を募集することにしました。以下に募集の内容を掲示します。

稲生地域の皆様・保護者の皆様へ

      地域安全ボランティアの募集のお知らせ

冬至が近くなり、太陽の有難みが感じられる侯となりました。

平素は、稲生小学校ならびにPTA活動にご協力をいただき、厚く感謝申し上げます。今年は、通常の活動のほか、夏祭りも実施でき大変意義深く、実りの多い一年となりました。

さて、ご存知のように、小学生が被害を受ける痛ましい事件が続き、多くの地域で対応策がとられるようになりました。稲生小学校でも、12月4日に校長先生と緊急に話し合いを持ち、翌日からの「集団下校」をお願いし、実施に至っています。また、6日には地域の民生委員の方を始めとする「開かれた学校づくり推進委員会」にて、児童の安全確保について会を開き、委員の皆様から、貴重なご意見・ご提案をいただきました。

その中で、教職員・PTA役員・開かれた学校づくり推進委員の方々はもとより、保護者・地域の方から地域安全ボランティアを募集し、児童が通過する時間帯にご自宅の近くで、児童下校時の安全確保のサポートを可能な範囲でお願いするということが決まりました。(稲生小学校の校門を出発する設定時間は、①15:30、②16:00です。ご協力の皆様には、共通のベストを配布)

集団下校時刻が設定されていますので、10分程度の見守りになると思います。なお、毎日でなくても結構ですので、地域安全ボランティアとして、ご協力いただける方は、小学校の中川教頭先生に直接、お電話いただくか、下記の申し込み欄にご記入の上、お近くの児童にお渡ししていただきたいと思います。

冬至を過ぎれば、太陽からの温かみは増えていきますが、地域の温かさを保つのは、その地域の住民でしかできません。すべての人間は生まれる前に、体温より温かい母体にいました。事件を起こしている加害者を弁明する気持ちは一切ありませんが、人の温かさが伝わってくる地域づくりができれば、弱い立場の子供が犠牲になるという悲しい事件は起こらないと考えます。ご協力をお願い申し上げます。

地域安全ボランティア申し込み欄

氏名:

電話:

地区名:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

集団下校 ptca組織

昨日の6日、小学校にて、地域の人と先生、pta役員による「開かれた学校づくり」の会を行いました。日々の学校生活の報告を早めに済ませてもらい、本題の子供の通学の安全について話を持ちました。

事前に校長先生とは、集団下校の早期、実施をお願いしており、会では、集団下校時に「安全ガードボランティア」として地域の人の協力をお願いしました。1時間程度の短い中でしたが、以下のように決まりました。

●時間的には2組にして、学校の校門を出る時間を定める。

●定めた時間により、地域人の近くを通る時刻がわかるので、その時間に協力してもらう。

●保育が近くにあるが、保育の保護者の迎えの時間に合わせた時間帯がよい。

●ボランティアの方には、統一のベストを支給し、着用をしてもらう。なお、ボランティアの募集を地域全体で行い、多くの賛同者により、安全ガードの質・量を確保する。

これら活動を、6月から伝えてある、ptcaの組織作りにつなげていこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »