« 御手洗経団連会長その2 | トップページ | ptcaの看板、校門へ »

2006年5月31日 (水)

日経kids 習い事

子育て応援マガジンが、増えてきています。創刊より8号の日経kidsでは、今月号で「習い事」特集をしています。才能が開花する習い事というキャッチフレーズで。習い事により、戦略立案能力、瞬時の判断力、対人関係力、創造力、計算力・・・。と表紙に書かれています。

なぜ、習い事により、そういった力がつくのでしょうか?

それは、私が述べているところのpdca教育の中で、P:目標がしっかりとされているからだと思います。本でこの点に触れていないのは、残念ですが。

例えば、本で紹介されている習い事で、そろばん、将棋、書道、外国語など、級が指定されており、それを目指すことが、目標になると思うのです。何事も、目標を掲げ、それに向かって、努力する、だめな場合は、取り組み方、進め方を変える。これも、pdcaサイクルの目指すところです。

習い事により、才能が開花されるのは、pdcaサイクルをまわしていくことができるからです。とにかく、目標を見出す、掲げることが重要なのです。

|

« 御手洗経団連会長その2 | トップページ | ptcaの看板、校門へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日経kids 習い事:

« 御手洗経団連会長その2 | トップページ | ptcaの看板、校門へ »