« 文武一道とpdca教育 | トップページ | ブロークンウィンドウの視点 »

2006年5月17日 (水)

教育行政の責任の所在

今日の、党首討論は教育に関する質問に集中していました。その中で、小沢民主党代表が法律上、教育に関する責任の所在は、各市町村の教育委員会にあると説明していました。私も、これまで文科省だと思っていましたが、本省は指導助言のみだそうです。

そうしたら、先の大臣が神奈川の中学生に、ゆとり教育の謝罪をしていたのは「でしゃばってごめんね」という、謝罪の内容であったのでしょうか?そうは見えませんでしたが・・・。

小泉首相は先の小沢党首の質問に「責任は親にある」と、答弁されていました。それも理解できます。しかし、党首討論全体の聞くと、小沢党首のほうが、まともに聞こえました。

小沢党首は、党首になって初めての討論で、国家の基本となる教育に絞って質問したのは、共鳴しました。

|

« 文武一道とpdca教育 | トップページ | ブロークンウィンドウの視点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育行政の責任の所在:

« 文武一道とpdca教育 | トップページ | ブロークンウィンドウの視点 »