« ブロークンウィンドウの視点 | トップページ | 御手洗経団連会長 »

2006年5月22日 (月)

日々改善がpdca

改善は、日々行われるものです。これは、完全であるものがないという前提と日々結果を出すためには、その日、その日最善の方法で、行わなければならないからです。

別の見方をすれば、他によい方法があれば、明日にでも変えることが肝要です。変えることにためらいがあってはだめです。完全なものはないのですから、

そして、改善を続けていくことによって、完成度を高めていく、また、逆に触れることがあっても、結果として、さらにいいほうに進めるということです。

今、ニュース23で、小泉分析をしていますが、昨年の選挙参謀が出ています。この方の本を読みましたが、選挙の作戦はpdcaサイクルをまわしていたようです。本にもはっきり書いています。細部には触れていません。当然です。この方法が有効に働いたという結論を出しているから、細部は明かさないのです。

|

« ブロークンウィンドウの視点 | トップページ | 御手洗経団連会長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日々改善がpdca:

« ブロークンウィンドウの視点 | トップページ | 御手洗経団連会長 »