« 夏祭りのお知らせ | トップページ | 自分の立ち位置を示す »

2006年7月16日 (日)

ルーチンワーク・仕組み化

PDCA教育の大きな特長の中に、生活習慣の仕組み化が図れるということです。PDCAのAはアクションで、実行の意味がありますが、企業の改善活動としては、「仕組み化」として、位置付けられています。

改善活動の結果として、導き出されたアクションを「仕組み化」することにより、その活動がマニュアル化され、その作業のスタンダードとなるのです。そこまで、昇華したものが、ルーチンワークとなります。ルーチンワークを小ばかにする人がいますが、大きな企業、儲けている企業は、必ず多数の黄金のルーチンワークを構築しています。

イチロー選手の打席に立つまでのルーチンワークがありますが、これこそがPDCAのよい実例です。学校教育で、生活習慣の話題が多く挙がりますが、この面でも、PDCA教育の応用が生かされると確信しています。

|

« 夏祭りのお知らせ | トップページ | 自分の立ち位置を示す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルーチンワーク・仕組み化:

« 夏祭りのお知らせ | トップページ | 自分の立ち位置を示す »