« ルーチンワーク・仕組み化 | トップページ | オシム監督 »

2006年7月16日 (日)

自分の立ち位置を示す

いわゆる「ムネオ事件」で外務省を休職している佐藤優さんは、旧ソ連外交で大きな役割を果たしていた方です。その佐藤さんが、外務省職員でなく、一人の人間として、旧ソ連の要人と人生と世界について語り合えた秘訣を語っています。

「情報欲しさに友人を装うだけの人間とみなされたら、何も得られない。相手の信頼を得るための前提は、自分の立ち位置を示すこと」。

とても重要なことだと思います。情報を仕事に変えれば、ビジネスにも通じます。若い人、また学生・生徒に自らの性分を明かすことを嫌う・苦手な人が多く見られます。

大人になる、社会に出る、親になる。「自分の立ち位置を示す」ことだと思います。潔さにも通じていると思います。

|

« ルーチンワーク・仕組み化 | トップページ | オシム監督 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の立ち位置を示す:

« ルーチンワーク・仕組み化 | トップページ | オシム監督 »