« 運動会 | トップページ | 小さな成功体験を積み重ねる »

2006年9月13日 (水)

トヨタ・ウェイとPDCA教育

トヨタの企業の強さの秘密を書いた本が多く出ています。何冊か読みましたが、私が求めたい情報が少ないのが残念に思っていました。著者は私のために書いていないから、著者のせいではありませんが・・・。

少し前の発行ですが、GQ/japanの9月号、「トヨタを支える108人のキーパーソン」と言う特集号がありましたが、これは、大変興味深く読みました。いま、私の中でヘビーローテイションブックです。

この中で、東大経済学部研究科・ものづくり経営研究センター長の藤本さんの文章がトヨタの強さの秘密を書かれています。ぜひ、買って読んでください。(内容を一部記載します。)

標準化されたマニュアルも重要ですが、トヨタでは、それ以上に、個々の労働者が自分の頭で問題発見・問題解決していくという思考様式ートヨタ・ウェイ・オブ・シンキングーこそが重要なのです。

問題解決・解決能力が自然に備わり、常にPDCA(プラン、ドゥ、チェック、アクション)を行う。フォローアップも欠かさず行い、うまく行った物は、素早く他部署にも広めていく。こうした一連の思考と行動ができるようになって、初めてトヨタの人間として機能する。それが、トヨタ・ウェイです。

一時も早く、小学生の時期から「PDCA教育」が始まりますように。

|

« 運動会 | トップページ | 小さな成功体験を積み重ねる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・ウェイとPDCA教育:

« 運動会 | トップページ | 小さな成功体験を積み重ねる »