« ウェブ人間論ー梅田氏 | トップページ | テレサ・テン 明日にかける橋 »

2007年2月19日 (月)

卒業生への言葉

卒業生への文章を依頼されましたので、以下の文書を書きました。

少人数でいいから、分かって欲しいと思います。

■卒業生に贈る・詩

稲生小学校PTCA会長 前田学浩

卒業おめでとう。

僕は君たちの親世代の一員です。

君たちが英語を習い始めたら、次の歌を最初に

聴いてもらいたいと思います。僕ら世代は君たちの

一番の味方。 それを決して忘れずに。

【明日にかける橋  サイモン&ガーファンクル】

when you’re weary,feeling small 

君が心底疲れはてて、部屋で小さくなっている時 

when tears are in your eyes, I will dry them all

君の瞳に涙がいっぱいになっているなら、

僕が全部ふいてあげよう。 

I’m on your side,when times get rough

君のそばにいるよ。耐え切れなくなった時も、 

and friends just can’t be found

君の友達がそばにいなくても 

like a bridge over troubled water

荒れる大水の川に、架かる橋のように 

I will lay me down

僕が体を横たえてあげるから、

|

« ウェブ人間論ー梅田氏 | トップページ | テレサ・テン 明日にかける橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒業生への言葉:

« ウェブ人間論ー梅田氏 | トップページ | テレサ・テン 明日にかける橋 »