« 2分の一成人式 | トップページ | 卒業式祝辞・2006・3月分 »

2007年2月 1日 (木)

みっともない、もったいないをPTCAで

先日、参観日の後で『開かれた学校づくり』推進委員会が行われました。このメンバーがPTCAの主要な方々です。

その中で、今後の課題として会長の私から、『美しい国づくりという大上段の話はできませんが、「みっともない、もったいない」の言葉が、子供たちから出てくるために、地域の協力、爺婆の協力が必要だと思います。みっともない、もったいないのベースができないかぎり、いくら教育の再生と言っても、難しいと思います』と、呼びかけました。

会では、結論や方向性は出ませんでしたが、『みっともない、もったいない』を家庭での食事の場面で、繰り返し、伝えていく方法、仕組みづくりが、核家族の中でもできないか?という、一つの糸口を発見しました。

もちろん、伝えていく方法、仕組みづくりの部分をPTCA組織で、考えていきたいと思います。

|

« 2分の一成人式 | トップページ | 卒業式祝辞・2006・3月分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みっともない、もったいないをPTCAで:

« 2分の一成人式 | トップページ | 卒業式祝辞・2006・3月分 »