« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

明日はコラソン卒団式

明日は長男のサッカークラブチーム・コラソンの卒団式です。小学3年生から中学3年まで、本当に長く6年間、頑張りました。下は長男が書いた卒団文集です。

■コラソン

 僕は、小学3年生の冬から、いままで6年間という、今の3年生の中で一番長い間コラソンにいました。僕にとってはもう一つの学校を卒業したと思っています。クラブチームという学校の部活とちがう世界で学んだことはたくさんありました。

 中学生になった時、たくさんの新しい仲間に出会いました。けど、みんな僕の何倍も上手な人ばかりでした。自分が一番へたくそでした。技術もない、フィジカルがない。なにをとってもみんなにおとっていました。その現実を知ったとき涙を流したときもありました。けど泣いている時間はありませんでした。練習もがんばりました。サッカーが好きだったこと、信頼できる仲間や監督、コーチ、そして支えてくれたみなさんのおかげでここまでこられました。

 「自信というものは、何時間も、何日も、何週間も、何年も、ひたすら努力した結果得られるものです。」 この言葉はある本を見た時に見つけた言葉です。この言葉を目にした時から、努力することをやめませんでした。よくサッカーの試合やテストの時に「自信がない」 と言う言葉を聞くけど、それは努力を最後までしなかった人たちの言う言葉だと思います。そして自分に自信がついたと気づいた時は試合に出た時あまり緊張しなかった時、気づきました。だから、みんな努力することをやめないでください。いつか必ず努力は報われます。

 コラソンのブログを見ると「涙を流せる強い人」 と言う題で赤尾コーチが僕のことを書いていました。その文章にも励まされました。その気持ちを忘れないようにそのときにつけていた背番号の20を、叔母にプレゼントしてもらった刺繍入りのスパイクに20という番号を入れています。

 コラソンという言葉には仲間を信頼する心、感謝する心、自分を信じる心などいろいろな心を一つにまとめた言葉だと思います。だからその気持ちを忘れないようにこれからも頑張っていきます。

 最後になりましたが、いままで支えてくれたたくさんのみなさんいままで本当にありがとうございました。これからも「涙を流せる人」として頑張りますので応援よろしくお願いします。

                                 

                              前田 理行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

だっこに慣れていない園児

先週の土曜日、保育園の卒園式に呼ばれていきました。

昨年までは、挨拶をしていましたが、今年は丁寧におことわりしました。また、すぐに入学式で祝辞を述べないといけないからです。

卒園式は、とっても良かったのですが、最後で、退場の際に先生が、卒園児を抱っこするのですが、2割くらいのこどもが、明らかに、抱っこになれていないようでした。

体を預けれてない、ということです。家庭で、抱っこされていないからだと思います。

昨年の卒園式で、抱っこを要求される間は、ずっとやってあげてくださいと話しましたが、今年も、話したほうが、良かったのでは、と、この点のみ、後悔しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

新年度の活動ー1

私は、公民館活動にも、引っ張り出されていますが、
  今月中旬の会で、市から、介護保険料が増大しているから、
「運動習慣を付けるために、体操をする機会を持って欲しい」
という、要望がありました。

年に1,2回そんなことをしても意味がないと考え、校長先生に
相談し、4月から、月曜日の朝礼時に行われるラジオ体操に
地域の方々の参加ができるように、お願いしました。
あまり、問題はないとの、解答です。

これは、1石2鳥です。先月の保健厚生の会で、校医から、
最近の子供の姿勢が悪いとの、発言から、体育主任が、
『ラジオ体操が満足にできない』との、報告もありました。

新年度の、取り組み『みっともない追放運動』の一環としても
活用できます。楽しみ(活動項目)が増えました。

新年度は、地味な『上履き』と『ラジオ体操』から、進めていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

卒業式での祝辞・英語

明日に予定されている、卒業式のあいさつ文ができました。掲載します。

ご卒業にあたりお祝いの言葉を申し上げます。

卒業生の皆さん、おめでとうございます。本日、稲生小学校での全過程を終了し、立派に成長した卒業生の晴れの門出を、ご来賓の方々、先生方、そして多くの保護者とともに祝福できましたこと、心からお慶び申し上げます。

さて、皆さんはこれから中学校へと、進学していくわけですが、一つだけ、アドバイスをしておきたいことがあります。それは、英語についてです。私の社会人になってからの経験したことを元にお伝えしたいと思います。

私は会社で学生を採用する部門にいたことがあります。毎年、数百人の学生と話をするわけですが、その人の英語の能力で、その人が仕事に取り組む姿勢、前向きであるかどうかが分かるようになりました。

簡単な理由です。英語の能力を身につけるということは、一度自分の頭をゼロにして、自分から壁を作らず、あらゆることを吸収しようとし、さらに日々努力できるかどうかなのです。数学のように難しいことはありません。

企業の採用担当だけでなく、高校の入学・入試担当も、その人が常に新しいことに前向きにチャレンジできるかどうか? そして、その能力があるかどうかを判断するのです。

新しいことに前向きにチャレンジしていけば、英語だけでなく、他の教科・スポーツも良い結果が出るようになります。それは、間違いないことです。皆さんが、学ぶ英語の教科書は決まっていますし、CD付参考書も、高須の本屋で売っています。

春休みから、勉強を始めましょう。 きっと、前向きな新しい自分になれると思います。

新しい自分になって見ましょう。 お父さん、お母さんはそれをきっと期待しています。

さて、ご来賓の皆さまならびに、先生方には、6年生を長きに渡り、地域でまた学校で、愛情あふれるご指導をいただき、まことにありがとうございました。この先も、変わらぬご指導を賜りますよう、お願い申し上げます。最後になりましたが、本年度が小学校生の最後の保護者となられた皆さま、これまで、長い間PTCA活動へのご協力ありがとうございました。これからも、地域とともに歩む、稲生小学校であり続けますので、今後とも、ご指導・ご協力よろしくお願い申し上げます。        

平成19322日  稲生小学校PTCA会長  前田学浩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

みっともないー3

「もったいない」と「みっともない」は、美しい言葉だと思います。
この2つをテーマに19年度はPTCA活動を展開していくことを決めました。
「もったいない」と「みっともない」の精神を子供たちに伝えるには、地域の目、
地域の言葉、地域の力が必要なのです。

「もったいない」という精神が、限りある資源の節約や自然の保護に繋がっていくと
思います。
一方、「みっともない」という思想は、それぞれの子供の品格を形成すると思いま
す。大人も含め、日々活動する姿において「みっともない」格好ではいけないので
す。
これは、結果ではなく、過程の美徳を重んじるという日本人特有の美意識でもあると
思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

i just call to say i love you

テレビを見ていたら、スティービーがでてきて、スマップたちと「i just call to say i love you」を歌っていました。とっても好きな歌です。

こんな感じで、コミュニケーションできたら、って思います。メール文化の新しい子供たちにも、分かって欲しいニュアンスがあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

みっともないー2

「もったいない」と「みっともない」は、美しい言葉だと思います。

この2つをテーマに19年度はPTCA活動を展開していくことを決めました。

「もったいない」と「みっともない」の精神を子供たちに伝えるには、地域の目、

地域の言葉、地域の力が必要なのです。

※副会長に話し、校長先生にも理解していただき、開かれた学校づくり推進委員会でも伝え、学校医も出席した保健厚生の会でも発言し、賛同も得ました。

3月6日、早速「うわばきプロジェクト」が始まりました。

●うわばきのかかとを踏まない・・・・・・新年度4月中に徹底

 (18年度3月は、うわばきのサイズ確認&購入などの準備期間)

●うわばきは自分で洗う運動・・・・・・・・5月から始動、1学期中に徹底(90%目標)

すばらしい展開です。このプロジェクトの内容が目標の日付いりで今週、保護者

に配られたのです。まるで、PDCA(改善活動)を積極的に行っている企業のよう

です。

「もったいない」という精神が、限りある資源の節約や自然の保護に繋がっていくと思います。

一方、「みっともない」という思想は、それぞれの子供の品格を形成すると思います。大人も含め、日々活動する姿において「みっともない」格好ではいけないのです。

これは、結果ではなく、過程の美徳を重んじるという日本人特有の美意識でもあると思います。

稲生小学校は、新たなPTCA活動に取り組んでいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

サッカー部優勝の文書

サッカー部の保護者より、文書作成の依頼がありました。結構面白い文書ができましたので、掲載します。

2月25日、冬らしく木枯らしの冷たい日曜日であったが、稲生小女子サッカー部のみんなのハートはとっても熱かった。それは、県大会で初めての優勝が現実になろう

としていたからだ。

決勝戦は、対山田。山田は数日前に高知新聞に『チームの存続をかけて大会に臨み、優勝して新しいメンバーを増やす』として、大きく写真入りで扱われていた優勝候補筆頭のチーム。山田は全員が6年生で体格が良い、それに比べ稲生は、半数以上が5年生、しかも体格は・・・・。       (記念写真を見てください)

緊張の前半戦は、互いに譲らず0対0で折り返し。ハーフタイム後、自分達で決めたのか、円陣を囲み『絶対、勝つぞー。おうっー』と気合を入れて後半戦へ。

全員での攻撃と守備が半分半分で続く中、奇跡のシュートが相手ゴールに入った。そのシュートは、いつもは守備にまわることの多い女の子が蹴ったものだった。右サイドから流れてきたボールをそのままシュート、力の入っていないボールは、まるで、季節外れの蝶々が舞い降りるかのように、ゆっくりとゴールに吸い込まれていった。とにかくゴール・イン。1点。貴重な先制点。選手、保護者も目を疑ったが、明からな得点。そして優勝候補の山田を焦らせた、後半、残り8分くらいの1点なのだ。

しかし、そこからが長かった。何本のシュートを打たれたか?。何度、ゴールポストに助けられ、キーパーの活躍が何度あったか。そして、子供の大会でなければ、審判への『終了の笛』の催促がきっとあったであろう。保護者も優勝経験がなくハラハラドキドキ。そしてやっと、終わった。つまり、勝った。6年生最後の大会で優勝。喜びが爆発。

決勝の相手の山田に限らず、他のすべてのチームは、数校の小学校からの集まりであり、単独小学校のチームは稲生だけ。全校80数人の学校で、約半数がサッカー部に入っているからこそ、チームが組めることができたのである。今の指導者、これまでの指導者の方々に、改めてお礼を、誌面を借りて申し上げたい。『優勝しました。皆さんのおかげです。ありがとうございます』。そしてこれからも『よろしくお願いします』。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

上履きプロジェクト-1

本日、校長先生から連絡がありましたが、早速、上履きのかかとを踏んでいる子供の数を調査していただいたようです。

なんと16%。ほぼ6分の一、つまり1学年がかかとを踏んでいることのなります。

学校の素早い対応にに感謝します。これから、とっても楽しみです。

明日にでも、保護者にプロジェクトの概要を知らしていただけるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

pdca教育をptca組織で

PDCA教育の実践をPTCA組織を絡めて、できるという、思いがけない展開になりそうです。以下に簡単な企画内容を書きます。

―みっともない・もったいないの覚醒企画「第一弾・上履きプロジェクト」-

小学校での上履きの件は、私が以前に広報部長のときから注目していたことで、その当時、全員に上履き洗いのアンケートを実施して、広報に載せました。

■企画名:上履きプロジェクト:上履きをきちっとはいて、自分で洗おう

■背 景:保健の会で、医師をはじめ役員・教師からも、「姿勢の決まらない、みっともない姿勢・行動が目に付きだした」との指摘を受け、特に、上履きのかかとを踏む子供が多いとの共通認識があった。

■目 標:①上履きのかかとを踏まない・・・踏んでいる子供をゼロにする

②上履きは自分で洗う・・・・・・・・洗う子供を90%以上にする。

■進め方:0:企画を立ち上げたことを、校長とPTCA会長名で出す。

①今年度中・・・・・・上履きの「きつい」こどもについて、            学級担任より、その旨伝える。(新年度までには、合った上履きを・・・と)

②新年度より・・・・上履きのかかとを踏まない事を、統一のルールとする

5月連休明けより・・・・・「上履きは、自分で洗おう」運動を起こす。

  その運動の前に「上履き洗い」アンケートをとり、4から5年前と比べる

④一学期中に、「上履きは、自分で洗おう」運動を定着させる。  

          ※6月末の開かれた学校づくり推進委員会の席で報告。     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

pdca教育

まだ、まだ良く聞かれます。『PDCA教育って何?』

簡単に説明すれば、品質管理の先駆者であるデミング博士が

品質管理のいろはの一つとして、進めていったもので、

業務改善の工程を「plan/do/check/action」にあわせて、進めていく

ノウハウです。これを教育の現場に当てはめようとしているのです。

日々改善、この精神が重要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »