« pdca教育 | トップページ | 上履きプロジェクト-1 »

2007年3月 4日 (日)

pdca教育をptca組織で

PDCA教育の実践をPTCA組織を絡めて、できるという、思いがけない展開になりそうです。以下に簡単な企画内容を書きます。

―みっともない・もったいないの覚醒企画「第一弾・上履きプロジェクト」-

小学校での上履きの件は、私が以前に広報部長のときから注目していたことで、その当時、全員に上履き洗いのアンケートを実施して、広報に載せました。

■企画名:上履きプロジェクト:上履きをきちっとはいて、自分で洗おう

■背 景:保健の会で、医師をはじめ役員・教師からも、「姿勢の決まらない、みっともない姿勢・行動が目に付きだした」との指摘を受け、特に、上履きのかかとを踏む子供が多いとの共通認識があった。

■目 標:①上履きのかかとを踏まない・・・踏んでいる子供をゼロにする

②上履きは自分で洗う・・・・・・・・洗う子供を90%以上にする。

■進め方:0:企画を立ち上げたことを、校長とPTCA会長名で出す。

①今年度中・・・・・・上履きの「きつい」こどもについて、            学級担任より、その旨伝える。(新年度までには、合った上履きを・・・と)

②新年度より・・・・上履きのかかとを踏まない事を、統一のルールとする

5月連休明けより・・・・・「上履きは、自分で洗おう」運動を起こす。

  その運動の前に「上履き洗い」アンケートをとり、4から5年前と比べる

④一学期中に、「上履きは、自分で洗おう」運動を定着させる。  

          ※6月末の開かれた学校づくり推進委員会の席で報告。     

|

« pdca教育 | トップページ | 上履きプロジェクト-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: pdca教育をptca組織で:

« pdca教育 | トップページ | 上履きプロジェクト-1 »