« 憲法記念日 | トップページ | ptca掲示板設置 »

2007年5月 9日 (水)

pdca教育のゴール

勝手に、教育者でもないのに、pdca教育というものを発想し、ブログで書き綴っているわけですが、私の中では、ゴールはあります。

かつて教育企業として言われていた日本アイ・ビー・エム㈱に在籍し、高知に帰ってきて、建設機械メーカーに入社したのですが、一代で上場企業までに上り詰めたその社長が、私に言ったことが、「前田、オンシャ、俺はラーメン屋をやっていても日本一になった自信があるぞ」。

まさにこれです。改善活動を見についている人間は、何をやっても、その改善活動を実直に続けることにより、目標達成をするということなのです。

中途半端な職業訓練・職業体験をいくらやっても意味はありません。改善活動・改善習慣、つまりPDCAを身に付けてこそ、役に立つ人間、自己実現を目指せる人間が涵養されるのです。

これがPDCA教育のゴールです。

|

« 憲法記念日 | トップページ | ptca掲示板設置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: pdca教育のゴール:

« 憲法記念日 | トップページ | ptca掲示板設置 »