« 小学校統廃合の文書について | トップページ | pdca教育9・10 »

2007年9月 1日 (土)

pkの蹴り方・私の方法

先日のチャンピオンズリーグ予備予選で、セルティックの中村がpkをはずしました。

名選手がはずすことは、たびたび見られます。私は、最初のpk:31年前の中学1年生のとき蹴ってから、多くのpk体験をしています。

今、辿りついている方法は、「蹴る前に反対側のゴールを見て、遠いなあと感じ、そこで、蹴る方向を決め、決まったら、蹴る側のゴールに向かって走り出す、ゴーーーール』という方法です。

pkは、蹴る側にとって、圧倒的有利なのです。絶対入るという、思う気持ちが大切だと思います。

|

« 小学校統廃合の文書について | トップページ | pdca教育9・10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: pkの蹴り方・私の方法:

« 小学校統廃合の文書について | トップページ | pdca教育9・10 »