« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

i will be right here.

最近の表現者たちのテーマだと思います。i will be right here.そういえばETが、エリオットと最後に別れるときに、言った言葉です。

先ほど、嫁さんと長女と「バラのない花や」をビデオで見ました。主題歌は「ずっと一緒」。

脚本家の野島さんは、あまり好きではありませんので、続いてみることは、ないと思います。でも、大切な人には、ずっとメッセージを送っていきたいと思います。

I will be right here.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地味な努力を続けるしかない

2005年6月から、PTCA組織づくりに着手し、1年目だけでも、●夏祭りの復活、●広報誌のほぼ毎月発行、●運動会の観客席レイアウト変更、●見守り隊実施、●地域の文化祭と学習発表会の同日開催、●2分の一参観日への地域参加など、多くを地域の方の協力と保護者の協力で、どれも、大変な面はあしましたが、おおむね成功したと思っています。

それは、2年目以降も多くの企画を実施につなげていったが、地域の方からは協力の度合いが増したし、保護者からは「前田さん、次は何をやるが?」と、目を輝かせて話し掛けてくれたこともありました。

社会自体が、閉塞感を打ち破るために、大きな変化を求めるようになっていますが、ブレイクスルーは、子供たちの、見本には、なりません。

今、大人に求められているのは「地道な努力を見せ続ける」と言う、ことだと思います。

大人も、小さな成功体験を積み重ねていくことが大切なのです。 きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

次男・柔道初段に。

中学校入学と同時に始めて、現在一年10ヶ月ですが、昨日、昇段審査に合格し、晴れて黒帯になりました。

兄弟の中で、整理整頓が一番苦手な彼ですが、柔道が気にっているのか、続いています。香長中学校の女子柔道部は、大変強く、全国大会で団体優勝や、個人でも優勝を何度もするなど、強豪です。

昨年度は、骨折を2回もして、どうなることか、心配していましたが、何とか、結果出しました。それなりに、頑張りました。それと、次男は読書が好きなのですが、先週は、エラゴン・3部作を読破しました。(1冊約500ページ)

今日からは、2月14日の実力テストに向けて、勉強を始めました。今年、一年、手を抜かず、後悔のない年を送ってもらいたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

ふれあい参観日

今日は、ふれあい参観日でした。地域の方に講師になっていただき、多くの体験教室が実現しました。

また、今回始めて、となりの小学校の保護者からの教室も、実現でき、良かったと思います。

ふれあい参観日との、開かれた学校づくり推進委員会も、無事、終了しました。

さらに、そのあと、地域交流会で、約40めいの方と親睦しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

エジソンの母 その3

1時に嫁さんが帰ってきて、また、エジソンの母を見ることになりました。夕方からは、サッカーの試合を見せてもらうために・・・・、今日2回目になります。

1点、気がついたことがありました。男優の谷原さんがつけているネクタイ(この回で2本)は、詩人・ジョンコクトーが愛していた横縞のストライプ柄、通称:コクトータイです。

これは、制作者側が意図しているならば、結構面白いと思います。子役のエジソン君をコクトータイをした准教授が、サポートすると言う展開です。

コクトーの詩も登場するのでは・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然の摂理・メジロとヒヨドリ

今日は、休みですが、いつもの通りに6時前に起床し、7時から朝食。長女のローマ字の見本書きをして、渡し、8時からはテレビ:スカパーのチャンピオンズリーグ予選の総集編を見ました。(長女は勉強)

9時からは、一緒に「エジソンの母」を見ました。見ながら、朝食で食べ残していたオレンジの半分を、包丁で切り、庭の樹に2つ、突き刺していました。

裏山がメジロのお宿ですので、本当に多くのメジロがやってくるのです。おいしそうに、食べてくれていましたが、大きなヒヨドリがやってきてメジロを追っ払っていました。ヒヨドリが、どこかへ行くと、また、メジロがやってきていました。最大一度の4羽くらい。

これも、自然の摂理なのかなあ・・・と思いました。

私の方は、残していたオレンジを食べきるより、2メートル先にメジロやヒヨドリを見れて、心が少し、豊かになりました。今日は、長女と半日、過ごします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エジソンの母

TBSのドラマ「エジソンの母」に、長女と嫁さんがはまっています。10時からやっていますので、録画をして、翌日見ています。

私は、主役の子役の演技が上手だなと思ったり、杉田かおるが楽しそうに、演技しているなあと思ったりしています。

学校をテーマにしているドラマとして、1点、制作者側に感心するのは、「校歌」をちゃんと設定しているところです。

今日は、長女と留守番ですので、朝から、「エジソンの母」を見ることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

ジョン・ロブの靴

ジョン・ロブのコインローファーを3足、色違いで持っています。

京都から高知に帰ってくるときに買いました。当時は所謂、外資系コンピューター会社に勤めていましたので、お金がありました。(エルメスのスカーフも6枚持っています。エルメス150周年記念の花火男のパターンも)

平成3年3月に帰ってきたのですが、一度もはかずに3足とも、とってありました。自分がきっと、新しい生き方ができるまで、とっておこうと考えていたからです。大きな挫折も、2度3度ありましたが。

平成20年3月に、はこうと思っています。現在、ユーロ高でジョン・ロブの靴なんか、到底買えません。10万円をはるかに、超えていますからね・・・。コンディションは問題ありません。

ジョン・ロブのコインローファーは、本当にかわいく、上品なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロード トゥ 5級 1・25

長女の勉強ですが、今週は、家族の名前や、友達の苗字、名前などの書き取りをしました。ローマ字の勉強は、1月いっぱいで、終わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学問題は、中学年問題

私は、中学校の学力が低くなったのは、小学校の中学年からの勉強習慣がついていないからだと思っています。小学校が、全国並であったのは、その差が出るような設問ではなかったのでは、ないかと思っています。

仮に、小学校は問題なく、中学校で極端に、学力が落ちるか、勉強をしたくなくなるのであれば、これは、「小学校から、人数の飛躍的に増える中学校に進むことからの原因とも、つながり、小学校を統廃合をして、人数を多くすることは、学力を下げることになる」との、大変意義深い論理にも、関連してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

HPもグーグル検索で上位に。

先週にアップデートしたホームページですが、グーグル検索で上位になってきました。

グーグル検索で上位になったということは、検索した方が多い、ページランクの高い所から、リンクされているなどの「大変ありがたい」評価が得られていることを示します。

周りの方から、グーグルで数十万の中のトップなのだから、アフェリエイトで、お金儲けもすればいいのに・・・。といってくれますが、お金は好きなのですが、その方法で儲けようとは、思いません。なんでもアリの世の中は、否定的な立場です。

それと、PDCA教育の方は、問題提議がほとんどで、アフェリエイトでいただくのは、少し気が引けます。

そんなこんなで、1月は、もうすぐ終わります。27日には、地域の方が講師となった、ふれあい参観日があります。その後の、開かれた学校づくり推進委員会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

今日、年賀状発送

結婚してから、毎年家族写真を「写真館」でとってもらっています。前田家の数少ない・ほとんどこれだけの贅沢ですが・・・・。それを、年賀状に利用しています。

いつもの年は、11月中旬くらいにとって、年賀状に備えるのですが、昨年は、色々ありましたので、撮影は、なんと12月29日になってしまいました。

そして、できたのが、今日。以前も、ブログでかいたのですが、家族写真を楽しみにしていただいているかたのみに送りました。

今回のは、メジャーリーグのレプリカユニフォームを着ての撮影でしたので、結構いいできです。(ユニフォームは、自前・・・・このばからしさと、こだわりが、前田家なのです)

今年は、お年玉年賀はがきの当選発表が27日で、良かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

pdca教育を日本語で

「何でも、英語・アルファベットで言うのではなく、日本語で。分かりやすく、言ってくれ。」と言われます。

2年半まえにブログを立ち上げたときから、時々、書いていますが、

PDCA教育=小さな成功体験を積み重ねる教育だと思っています。

企業の改善活動・・・とか、目標をもって・・・・・とか、ノウハウとしては色々ありますが。

子供に分からすことにするための表現=小さな成功体験を積み重ねる。  

学校で勉強する理由は、すべて、小さな成功体験を積み重ねることにあると、思っています。

きっと、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和田中学・藤原校長

「夜すぺ」で、話題の杉並区立和田中学・藤原校長先生です。リクルート社でもトップを走っていた方は、色々違います。

藤原校長先生、いわく「成績が4の子供を5にする教育を、これまでずっと否定してきたかのように公教育は行われている。これでは、上位の子供を、満足させることができない」

この「夜すぺ」に入るために、試験があることから、都教委はストップをかけたようです。

人間の多様性を認めながら(また、薦めながら)、教育の多様性を認めないと言うのは、おかしなことだと思います。

藤原校長先生には、契約期間の中で、色々な実証を行って欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ、分からない。分かろうとしていない

平成になって20年が経とうとしているのに。21世紀になって、8年がきたのに。

まだ、分からない。分かろうとしない人がいる。

「変わるリスクより、変わらないリスクの方が、はるかに高いことを。」

早く、分かろうとして欲しい。それができなければ、・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

今日の出来事

今日の午前中は、「全国読書フェスティバル」の実行委員として、
会場係を勤めました。

午後からは、南国市役所の「スクールガードリーダー講習会」で、先進地として
市内でされている稲生地区の見守り隊の活動報告を講師として発表を行いました。

☆☆☆この2点で、私の中で生まれたこと!!!

3日前に、稲生の校長先生・教頭先生と今後の下校時の安全確保について
話したときに、私の方から「下級生は、上級生が授業が終わるまで、図書室で
読書か宿題をしてもらいたい。そして、上級生と一緒に集団下校をしてもらってくだ
さい。」
と、提案いたしました。両名ともほぼ、納得していただき、来週の27日の
開かれた学校づくり推進委員会での、承認後、実施にいたりたいと思います。

目的は、下校時の安全確保はもとより、①読書習慣の定着、②宿題の確実な実行にあ
ります。

なお、この件については、上記の「スクールリーダー講習会」の中で、これからの
稲生小の取り組み課題として報告しました。

読書フェスティバルのスタッフの方にも、午前中に話したところ、「ぜひ、進めてください」との評価をいただきました。

始めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

長女の英検1・18

長女の英語の勉強を始めて、1週間がたちました。まだ、ローマ字になれている段階ですが、昨日から、濁音と破裂音を含めた文字にトライしています。

これまで、授業で何度か、やっていたはずのローマ字ですが、ほとんど覚えていません。

覚えていないわけが分かりました。「立てたて、横よこ、丸書いてちょん」を長女はしていただけなのです。

検証の場が、ほとんどないから、こうゆう風になっていると思われます。できない子供たちは、自分の腹までに、落とし込みをせずに、授業をすごしているのでしょう。たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

ホームページ開設!!

ホームページを開設いたしました。

タイトルは「PTCA組織とPDCA教育」。旧知の方が社長をやっている会社に作ってもらいました。すごく満足です。アドレスは2つありますが、分かりやすい方で

http://ptca-pdca.com

PDCA教育は、素人の私がどうこういっても、仕方ない部分があることは、重々承知ですが、「世の中を良くするクリエイター」として、頑張っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

ホームページ今週開設予定

今週、17日にホームページをアップする予定です。ptca組織とpdca教育にターゲットを絞った形になりそうです。

どちらも、完全ではありませんが、いろんな情報が入ってくるようになれば、いいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

5級への道

長女・小5の英語検定への取り組みですが、

専用のノートの「nanako 5級への道」と書きました。

「ロード トゥ 5級」です。まだ、家族の名前をローマ字で

書いている段階ですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

長女・小5に英語教え始める

今日、1月11日より、長女に英語勉強を教え始めます。(朝からですので、始めました)

学校の勉強が、苦手な長女ですが、英語を突破口として、中学に備えたいと思ったからです。(pdcaとして、小さなサイクルをまわしていきます。)

長男次男は、中1の秋に5級(中2で4級、中3で3級)を取りましたが、長女の目標は大きく(彼女にとって)今年の秋(小6)に5級を、と目指したいと思います。

本当に、勉強苦手な彼女ですので、まずは、ローマ字のおさらいからです。

一回15分、本当に集中できるのは15分と言われていますので、それ以上はせず、進めていきます。さて、どうなるか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

コンピテンシー面接について

面接官が求める学生、つまり会社が欲している学生は、「高い業績を出す社員の行動特性には、共通点があり、その行動特性を大学の間に、身についている」人です。その特性を身につけている学生が、自己意識の拡大ができ、そのことが会社の業績向上につながっていくのです。

この行動特性の基本になるのが、pdca教育の中から、生まれてくると確信しています。

●自己意識の拡大を生む成功体験の条件

①自分が立てた目標であること

②その目標はチャレンジング(ちょっと難しい)であること

③その目標達成の手順を自分で考えたこと

④その目標と手順は、自分の欲求・価値観にあっていること

⑤目標を完遂したことによって、自分の学習になったこと

⑥その目標達成は、自己満足だけでなく他者からも評価されたこと

※教育の現場では、今も中途半端な社会体験学習を行っていますが、コンピタンスの高い人間を育成するために、さまざまな科目設定を行ってもらいたいと思います。

繰り返しますが、求められるものが、pdca教育の中にあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

リ・オリエント

私がインターネットのブログのテーマにしているPTCAとPDCAは、これからの小中学校の義務教育においての重要な2つのキーワードだと思っています。

PTAに地域(コミュニティの頭文字:Cを入れた)PTCA組織により、地域を組み入れ、少人数のPTAで補えないところをカバーしてもらう、また、地域で子供を育てていくという共通認識を地域全体で持つということです。これは、地域の教育力の再生につながります。

PDCA教育はさらに重要だと思っています。一般の企業では、当然のように行われている日々の改善活動:PDCA(PLAN目標設定→DO試行→CHECK検証→ACTION実行&仕組み化)。この改善活動のノウハウを教育の一部に取り組もうと考えているものです。

私がブログを立ち上げたときは、グーグルの検索エンジンで『PDCA教育』検索すれば16万件ほどのヒット数でしたが、いまや45万件に迫っています。ただ、学校の経営のノウハウにPDCA活動を展開しましょうという内容が、圧倒的ですが、 私は、それを義務教育の場で行っていただきたいと思っています。

そのためにブログで、書き綴っているといっても過言ではありません。人材が国の力そのものである日本において、もう一度、教育そのものを考え直さないといけません。豊かな環境に育っている子供たちに、課題を見つけ出し、継続的に改善活動を続けていく習慣を作るのが、PDCA教育だと感じています。

PLAN DO CHECK ACTION。常に意識して、課題を自ら作り、ひとつずつ、解決し、小さなPDCAのサイクルを回していく・・・。これにより、大きな目標を達成することができるのです。生きる力って、こんなことから生まれてくると思います。

PDCA教育は、総合学習の一環として、企業を定年退職された方などに、協力をしてもらいながら進めていくと、地域社会でのよりよい、コミュニケーションづくりの

創出とも相成り、『地域社会の再生』というものが見えてくるとおもいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

明日は、成人式

明日は、南国市の成人式です。来賓で、出席することになっています。

おとそ気分が抜けないまま、来賓で出席と言うのも、正直、気が乗りませんが、家が2軒となりの子供が、なんと、成人を代表して、挨拶をするようですので、期待や、うれしさや、誇らしさや、いろんな楽しみがでてきました。

天気がよければ、いいのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »