« 広報研修会 | トップページ | 卒業生への言葉 優先順位 »

2008年2月18日 (月)

読む力

次男・中2の第1回の実力テストがありました。長男は、まじめタイプでして通知表の成績は良かったのですが、実力テストは、弱かったのです。

次男はどちらかいうと逆。宿題もまじめにせず・提出物も出さないから、成績はダメ。しかし、実力テストは、長男より、はるかトータルで40点ほど上でした。

理由は、はっきりしています。次男は、読む力=理解する力が小3のときよりついているのです。担任の先生が半年で10000ページ読みましょうと言う提案のとき、彼は30000ページ読みました。今でも、厚い本でも本当に驚くくらいのスピードで読みます。

小3の担任の先生は黒板の横にジョン・コクトーの言葉を貼り付けていました。

「大きくなるような木の幹に君の名前を彫りたまえ、大理石に彫るよりも、そのほうがずっといいのだよ。名前も一緒に伸びるのだ」

コクトー。万歳。

|

« 広報研修会 | トップページ | 卒業生への言葉 優先順位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む力:

« 広報研修会 | トップページ | 卒業生への言葉 優先順位 »