« 4年目のPTCA | トップページ | ソラマメ »

2008年4月27日 (日)

GEのバイタリティ・カーブとキャリア教育

合州国のGE社のあまりにも有名なジャック・ウエルチ会長のバイタリティ・カーブ〔活性化曲線〕を改めて、見直しました。

GE社では、毎年、全事業部門、全職場で、管理職が部下の総合評価を下し、それを曲線で表しています。部員の2割を指導力のあるトップA。7割を必須の中間層B。残る1割を劣るCに位置付け、Cの人には、辞めてもらうか、別の部署に配置転換をしています。

Cの人を追放する事を冷酷無残だと考える人もいますが、実はまったく逆の判断をしています。つまり、本人が成長もせず、昇級も無く、そのまま放置しておく事は「偽りの親切」でより残酷だと判断しているのです。

長い間、表面上を取り繕って平等に扱い、中高年になってから、「君はいらない」と放り出す方がはるかに、残酷だと判断しています。

競争社会の合衆国では、従来、そう言う方法が、大なり小なり、とられています。競争社会ではないが、右肩下がりが、はっきりしてきた日本でも、能力格差が顕著に出てくるような、評価システムが作られるのは避けられないようになりました。

キャリア教育に、厳しさを伝えていく必要があります。

|

« 4年目のPTCA | トップページ | ソラマメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GEのバイタリティ・カーブとキャリア教育:

« 4年目のPTCA | トップページ | ソラマメ »