« 次男と塾 | トップページ | 長男のサッカー »

2008年4月20日 (日)

脳科学者・茂木さん

脳科学者・茂木さんは、「少し難しい課題を克服すると、脳が喜ぶ」といっていました。

「脳が喜ぶ」ことを、習慣化していくと言うことは、非常に重要なことで、このことが、

PDCA教育の、脳科学的に目指すところでもあると思います。

小さな成功体験を積み重ねる=PDCA教育。

子供たちの「脳が喜ぶ教育」が、進みますように。

|

« 次男と塾 | トップページ | 長男のサッカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳科学者・茂木さん:

« 次男と塾 | トップページ | 長男のサッカー »