« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

pdca教育・論文大賞

昨年の6月から通っていた、高知県自民党の主催の「政経塾」が、本日終わりました。

政党色がほとんどないこの塾は、尾崎知事・県の財政課長の講義だけでなく、普段の生活ではとても会えることなどできない国内のいろんな分野の人から、お話を聞くことができました。

特に、石原都知事などの担当をしている国内トップの選挙プランナーから、後日メールでやり取りした時、私の活動自体への評価もいただき、少し自信もつきました。

今日は、修了式で、修了論文の表彰もあり、私が出していた「高知県におけるPDCA教育の大切さ」が、最高の大賞に選ばれました。(後の懇親会は欠席でした)

この修了論文集は、製本化されたあと、関係者に配られるようです。

詳しくは、私のホームページで、

http://www.ptca-pdca.com

私は、このPDCA教育がどんな形であれ、少しでも多くの人に、伝わることを、強く望んでいます。この塾に参加したのも、共鳴してくれる人がわずかでも、出てくれるのではないかという、淡い期待がありました。塾生の人数からいっても、100から300の単位で、製本化されると思いますので、意識ある人たちに、伝わればと、願わずにおれません。

県教委・市教委が「pdcaサイクルの確立」を推進すると目標を掲げながら、全く見えてきません。やる気がないのか?能力がないのかのどちらかです。

2009年、PDCA教育元年になりますように。(これで3回目)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

保護者会

金曜日の中学校サッカー保護者会と土曜日・高知高専保護者会へ行っていました。

「一人ひとりの生徒の希望を聞いてやってください」…・部員が60人もいるのだから、中学生になったら、意見あるものは言っていくように、と思います。そして、志あるものは、サッカーノートをつけて、疑問点は、顧問との意見交換を、ノートですればいいと思います。

「寮の食事がまずいと言っています。今日もラーメンを届けました」・・・・・これまで、子供の口に合わせた食事をだしてきたんではないですか?ラーメンに頼るのは、やめたほうがいいです。

(カッコ書きの後の応答は、私の意見です)

自分の子供へかかわりすぎだし、守りすぎ。まあ、高知高専の方は、担当の先生が「3年前に業者を変えて、格段に良くなった、学生のアンケート結果もよい」という明確な回答をしていましたが・・・・。

31年ぶりを楽しみにしていたサッカー部のほうは、これからも大変になるという感じでした。

私は、サッカーをこよなく愛しているし、今も2チームでプレイしている、そして、そのサッカーを楽しむことを教えてくれた中学校サッカー部に感謝している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

長女とサッカー2009・5・29

中間テストが終わって、長女のクラブ活動がまた、はじまりました。

技術云々は、別にして、男の子の中で、とりあえず続いていることはいいことです。

今日は、19時より学校で保護者会があります。

私にとっては、31年ぶりの香長中学校サッカー部との付き合いになるわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

学校支援地域本部事業-102

2005年12月から、始めています「下校時の安全ボランティア」ですが、今年の学校支援地域本部事業で、安全ベストの追加発注をしました。

ベストは、3シーズン用と夏用を購入しましたが、夏用のメッシュ素材のやつが着やすいようです。

単価1200円です。背中へのネームベルトを含めてです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

学校支援地域本部事業-101

2年目の今年は、コーディネーターさんも、ずいぶん頑張ってくれています。

稲生小学校支援地域本部のブログも、アップされる回数が増えました。

http://inabuchiiki2008.blog90.fc2.com/

25日のラジオ体操後は、ゴーヤの苗植えと、ネットなどの設置を行う予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

学校支援地域本部事業-100

昨年度から、文部科学省から受託しています「学校支援地域本部事業」ですが、

当小学校の特徴的なものに「スポーツ指導ボランティア養成講座」というのを行っていることです。

今年度は、なわとび指導を中心に行っていきます。

ちょっとやりたいことがあるのです・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

pdca教育2009・5

検索エンジンのヤフーで「pdca教育」を検索すると、134万件中で、私のホームページがトップに出ます。

10件までで6つ、20件までで、合計8つ出ています。

「通常、グーグル検索で…」というような話を私もしていますが、日本ではまだまだ、ヤフーのほうが検索のシェアは多いようです。

純粋にうれしいのですが、2005年6月からブログを立ち上げ、pdca教育の重要性を述べてきましたが、まだまだ、広がりは夢半ばです。

ただし、樋口裕一著「読ませるブログ」kkベストセラーズ新書発行で、文書作成のプロである樋口さんは、「毎日30人でも、閲覧してくれていれば、年間で1万人が見たことになっている。それなりに、人気のある書籍でなければ、これだけの数字は維持できない」と記述しています。(閲覧数は、毎日30~50です)

250万部のベストセラーを持つ樋口さんの言葉だから、うれしくなります。

2009年は、pdca教育元年に!!。これって、年初にも書いたなあ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

次男・県体

17日は、次男の柔道を応援に行っていました。

初戦に第2シードと当たってしまい、高1の次男は14秒で負けてしました。

次男は、高校に入って、水泳も始めました。

柔道と水泳、両方やるらしいです。

それが許され、出来る環境であることを、うらやましくもあります。

水泳は、従来、そこそこ、やります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

学校支援地域本部事業-99

私が原稿依頼を受けていた本が、その出版社のHPに紹介されています。

(先日は、5月号の分でした) ごらんくださいませ。

http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/03_n_book/book_text.cgi?110906&1

第1特集内です。学校と家庭・地域“双方向”との連携協力

■児童・生徒を主役とする新たな連携・協力への移行……香川大学教授・柳澤良明
■“双方向”の連携・協力をどう進めるか……日本大学教授・佐藤晴雄
■実践例1:八戸市立白銀南小学校・白銀南中学校PTA……前青森県八戸市立白銀南中学校長・小高進
■実践例2:新潟市教育委員会……新潟市教育委員会地域と学校ふれあい推進課副参事・指導主事・遠藤由美
■実践例3:川崎市NPO法人教育活動総合サポートセンター……NPO法人教育活動総合サポートセンター理事・事務局長・宮田進
■実践例4:南国市立稲生小学校PTCA……高知県南国市立稲生小学校地域教育協議会長・前田学浩
2回目の地域教育協議会を19日の朝8時30分から行います。
もちろん、ラジオ体操後です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学校給食

昨日に続いて、今日も、中学校給食のフォロー記事が出ていました。

冷静にこのアンケートの実施を評価すると、
「pta連合会の活動モデル」になっているということだと思います。多くの保護者の意見をすい上げたことは、この点、高評価だと思います。

中身の評価は、これからですが…。

さて、今日の新聞の記事を見て感じたことですが、
「自分で弁当ができるように教育している」という記者への教育長の話ですが、、
昨年度中3と小6に子供がいましたが、その教育しているケースは、
まったく、感じず。小6の子供が家庭科の時間で「2時間お弁当の絵を描いた」と
いっておりました。?????

その絵が食育フォーラム用の応募絵画としてに、自動的になっていたようです。

これが、教育しているというとこでしたら、本当に、絵空事です。

それより、何より、弁当を作らすということに、保護者は共感を持っているのでしょうか?

こどもがクラブ活動から8時に帰ってきて、入浴して、夕食を食べて、宿題などの勉強をして、それから、弁当下ごしらえですか?。それとも、朝6時に起きて、朝食を食べて、7時に登校する前に弁当を作るのですか?本当に、台所で、こどもがこのことをすることを、余裕をもって、見守れる保護者が、何人いると思っているのでしょうか?

県pの総会に行くことにします。懇親会だけになるかも、知れませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

南P総会

明日、15時より南国市PTA連合会の総会です。

私も小学校の会長を4年始まして、この会で本当に終了です。

県pにも、懇親会メンバーでと言われていますが、足が向きません。

すいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

視察研修

12.13.14と視察研修でした。

すべてがバスでの工程でしたので、本を読みました。

「貧困のない世界を創る」ムハマド・ユネス

「陰山メソッド・英語への挑戦」藤井弘之

2冊とも年末年始に読んだものですが、もう一度読んでみました。

この2冊は、お勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

学校支援地域本部事業-98

当小学校の4年間の取り組みの原稿依頼を受けた本が来週18日に出版されます。

市販分ですので、従来のように、このブログで、原稿紹介できなくて、すいません。

第1特集の項目で紹介されます。できれば、購入してください。

出版社:教育開発研究所

書名:月刊「教職研修」6月号

http://www.kyouiku-kaihatu.co.jp/03_n_book/book_text.cgi?110905&1

  地域と学校の連携・特集号になるそうです。

  3ページも割り当てをいただきました。恐縮です。

 この月刊誌自体も、教職管理職用ということでこれまた、恐縮しています。

販売店:県庁前官報販売所・金高堂

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

県体出場ならず。

長男の試合を見ました。

残念ながら、シード校の一つの中央校に3-1で負けました。

でも、試合自体はよかったです。

Img_0827 

写真は、試合後、コラソンで一緒であったキーパーと握手。

このキーパーに2つ、はじかれました。

長男の背番号は、5番に戻っていました。

モレリアは、秋の大会に使うようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

長女とサッカー5・8

長女がサッカー部通信を持って帰ってきました。1年生の入部が26人でそのうち女子が3名だそうです。特に、女の子は、がんばってやってほしいと思います。

さて、長女の練習着の短パンは、私が持っていたスペインのサッカーチーム「バルセロナ」とオランダ代表の2つの短パンを交代ではいています。

私が敬愛してやまないヨハン・クライフの所属したチームであり、クライフの母国のものです。私が高校生の時、寮の部屋に飾っていたのは、当時、東京にユースの世界大会でやってきたマラドーナでなく、クライフのポスターでした。

右手を挙げて、コーチィングする姿は、まさに“トータル・フットボール”の具現者そのものでした。

クライフは、今も、バルセロナのクラブ運営に大きな影響力を持っています。

27日のチャンピオンズリーグの決勝戦は、マンチェスターUvsバルセロナとなりました。

私は、もちろん、バルセロナを応援します。長女は、そんなことには、おかまいなしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

ジャック・アタリ①・②

昨日・今日と11時からのNHK、緊急特番を見ていました。いい番組です。

ジャック・アタリ氏は最後に言っていました。「私は、悲観者でなければ、楽観者でもない。サッカーの試合でいえば、プレイヤーなのです。プレイヤーならば、敵(目的)を目の前にする前に、戦い方を考え、全力でプレーしないといけない」。

私も、「学校を核にした地域再生」でプレイヤーであり続けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

学校支援地域本部事業-97

明日5月5日に、テレビ高知の夕方のニュースで当学校支援地域本部事業の活動の一端が紹介されます。

もともと、スポーツ指導ボランティア養成をお願いしています高知市のスポーツマックスさんの持っている番組内でのものですが。

6時5分からの、ローカルニュースで放映される予定です。

こどもの日に、放映されるのは、とってもいいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清志朗

ある日作成しよう(RCサクセション)と、産まれた名曲の数々。

活動そのものが、すばらしいです。近年の歌「ジャンプ」をテレビ番組の「笑っていいとも」で少し歌ってくれたときは、「やっぱり彼は、先頭走っているなあ」と曲の斬新さに感服しました。

以下は、本日の読売新聞・朝刊の作家・角田光代さんのコメントです。6段にわたっての文ですので、抜粋させていただきました。

・・・・・・・忌野清志郎は、変わることも変わらないこともちっとも恐れていなかった。彼の音楽は常に新しく、でも、常にきちんと清志郎だった。不変と変化を併せ持ちつつ先へ先へと道を拓き、私たちは安心してその道をついていけばよかった。

清志郎のことを思うと私はいつも魯迅「故郷」のラストの一文を思い出す。「もともと地球上に道はない。歩く人が多くなれば、それが道となるのだ」。道なき地上の先頭を、清志郎はいつも歩いていた。この人をすごいと思うのは、そのあとを歩くのが音楽にかかわる人ばかりではないからだ。

あまりにも多くの人が、それぞれに清志郎の影響を受け、その影響を各々の仕事の中で生かしている。・・・・・・・・・・・・

抜粋文です。この追悼文を読むだけでも、本日の読売新聞を買う価値があります。私は、朝のニュースで新聞記事の紹介があり、その後、ローソンに買いに行きました。

ジョン・レノン「ギブ・ピース・ア・チャンス」と比べても、全くそん色ない言葉、それは

愛し合ってるかい!! 

悔しいけど、どんな言葉で終わっても、蛇足になってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

学校支援地域本部事業-96

今、「学校支援地域本部事業で、」グーグル検索していただくと、6位に出てきます。

去年の今頃から、数えて、96回の投稿をしているからでしょう。

100回の投稿のころには、もう少し上位にいけるかも・・・・???

こ年度は、内容を充実していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »