« 学校支援地域本部事業-96 | トップページ | 学校支援地域本部事業-97 »

2009年5月 4日 (月)

清志朗

ある日作成しよう(RCサクセション)と、産まれた名曲の数々。

活動そのものが、すばらしいです。近年の歌「ジャンプ」をテレビ番組の「笑っていいとも」で少し歌ってくれたときは、「やっぱり彼は、先頭走っているなあ」と曲の斬新さに感服しました。

以下は、本日の読売新聞・朝刊の作家・角田光代さんのコメントです。6段にわたっての文ですので、抜粋させていただきました。

・・・・・・・忌野清志郎は、変わることも変わらないこともちっとも恐れていなかった。彼の音楽は常に新しく、でも、常にきちんと清志郎だった。不変と変化を併せ持ちつつ先へ先へと道を拓き、私たちは安心してその道をついていけばよかった。

清志郎のことを思うと私はいつも魯迅「故郷」のラストの一文を思い出す。「もともと地球上に道はない。歩く人が多くなれば、それが道となるのだ」。道なき地上の先頭を、清志郎はいつも歩いていた。この人をすごいと思うのは、そのあとを歩くのが音楽にかかわる人ばかりではないからだ。

あまりにも多くの人が、それぞれに清志郎の影響を受け、その影響を各々の仕事の中で生かしている。・・・・・・・・・・・・

抜粋文です。この追悼文を読むだけでも、本日の読売新聞を買う価値があります。私は、朝のニュースで新聞記事の紹介があり、その後、ローソンに買いに行きました。

ジョン・レノン「ギブ・ピース・ア・チャンス」と比べても、全くそん色ない言葉、それは

愛し合ってるかい!! 

悔しいけど、どんな言葉で終わっても、蛇足になってしまう。

|

« 学校支援地域本部事業-96 | トップページ | 学校支援地域本部事業-97 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清志朗:

« 学校支援地域本部事業-96 | トップページ | 学校支援地域本部事業-97 »