« 学校支援地域本部事業-105 | トップページ | ブライアン・アダムスと村上春樹ー2 »

2009年6月 9日 (火)

学校支援地域本部事業‐106

7月12日昼から行われる、高知県PTA研究大会の事例発表が正式に決まりました。

小中学校の部の事例発表をすることになりました。

昨年度は、いろいろ含め計6回やりましたので、この7月の県p大会の分は、21年度の新しい取り組み分を説明する予定です。

新しいPTCA会長とともに、説明します。このことにも意義があります。

小学校を核とした地域づくりは、高信頼社会の再構築に非常に有効な手段です。また、これ以上の方法は、自分の地域づくりの仕事の経験上からもないとも言えます。

この辺をはっきり伝えたいと思います。

こういう事例発表や講演をやると、そのものが一番の勉強になります。それは、資料の整理をしながら、ネットなどで、勉強もするからです。結構、頭がすっきりしてきました。

上記に、言ったように、これ以上の高信頼社会の再構築の手段はないと思います。

|

« 学校支援地域本部事業-105 | トップページ | ブライアン・アダムスと村上春樹ー2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校支援地域本部事業‐106:

« 学校支援地域本部事業-105 | トップページ | ブライアン・アダムスと村上春樹ー2 »