« 平成22年2月2日 | トップページ | 学校支援地域本部事業-185 »

2010年2月 4日 (木)

アバター観ました。

映画・アバター観ました。結構よかったです。

3Dの「吹き替え版」が良いということで、その通りにしました。以下は、公表済の解説です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2009年のコミック・コンベンションで、キャメロンは参加者を前に本作の主題を語っている。いわく、「アクションとアドベンチャーのファンの一人として自分がわくわくするような内容を少しと、同時に、良心を持ったもの――映画を楽しみながらも、自然界とのかかわり、人間同士の関わり方について、人々を多少なりと考えさせるようなものを製作したい。」と語った。

なお、ナヴィの設定には、“人間のより高尚な部分、もしくは、人々がこうでありたいとあこがれるような人間”を表し、逆に人類には、“善良な人々もいるとはいえ、世界を破壊し、荒廃とした未来へと自分自身を追い込む、おろかな一面を象徴している”と付け加えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひ、見てください。私は、年末に文庫本で読んだ坂東真砂子さんの「天唄歌い」を思い出しました。

|

« 平成22年2月2日 | トップページ | 学校支援地域本部事業-185 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アバター観ました。:

« 平成22年2月2日 | トップページ | 学校支援地域本部事業-185 »