« 花見 | トップページ | ツイッター »

2010年4月 4日 (日)

学校支援地域本部事業-214

稲生小学校支援地域本部事業の取り組みの1つに情報発信力の強化があります。

今朝の高知新聞・子ども欄で、子ども記者としての「最多けいさい賞」を受賞したことが紹介されていました。

掲載された記事の裏側に、残念ながら没となった100以上の記事があります。1昨年度も、トータルで150本もの記事を投稿していたらしいです。(NIE活動で昨年10月に紹介されました)

2005年PTCAの立ち上げ時に決めたことは、広報誌のほぼ毎月発行です。それにより、PTCAの想いが地域住民に伝わったと思います。

今朝は、こうして「最多けいさい賞」、そして、その背景にある100以上もの、「名誉ある没ネタ」の存在が想像されました。こうして学校の・そして子どもたちの、コミュニケーション能力が育って行くのだ思います。

学校マネジメントリーダー塾で、藤原さんが「地域とは、コミュニティの束である」と言われていましたが、その通りだと実感しています。

|

« 花見 | トップページ | ツイッター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校支援地域本部事業-214:

« 花見 | トップページ | ツイッター »