« なぜ、学校だけではだめなのか | トップページ | 自分へのご褒美 »

2010年4月29日 (木)

特性要因図 教育

最近、週に1人くらい、[特性要因図・教育]というような検索ワードで、観に来てくれている人がいます。

私は、2005年から「PTCA組織とPDCA教育」が公教育を改善するとして活動を起こしていますが、

PDCA教育のとりかかりとしては、この特性要因図がおもしろいと思うのです。

なぜ、なぜ、なぜを繰り返し、原因を見つけ、改善をしていく。この手法を学べば、すべてに応用が利きます。

「なわとびを100回、1000回飛ぶには?」ということから、「高知県の観光客を増やすには?」と言ったことまで、すべて、特性要因図の応用でできてしまうのです。

私のホームページは、ヤフー検索「pdca」で約600万件中7位です。特性要因図にも触れ提案すので、ご覧ください。

http://www.ptca-pdca.com/pdca.htm

|

« なぜ、学校だけではだめなのか | トップページ | 自分へのご褒美 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特性要因図 教育:

« なぜ、学校だけではだめなのか | トップページ | 自分へのご褒美 »