« 池選手も世界V 香長中 柔道部 | トップページ | ゼロトレランスから、ノーイクスキュースへ »

2011年8月15日 (月)

新しい公共型の学校

昨年、文部科学省と高知県主催の「まなびピア2010」の

視察受け入れ校になりました。

全国を「学校支援地域本部事業」の講演で、飛び回っている講師の方々から、

リップサービスの「稲生小こそ、新しい公共型の学校だ」との発言がありました。

うれしかったです。

公立の小中学校が目指すところの大きな1つは、「新しい公共型の学校創造」です。

さあ、今年度も半分程度になりました。(実質、3学期は正味1ヵ月程度)

もうひと頑張り、しなくちゃ!

|

« 池選手も世界V 香長中 柔道部 | トップページ | ゼロトレランスから、ノーイクスキュースへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい公共型の学校:

« 池選手も世界V 香長中 柔道部 | トップページ | ゼロトレランスから、ノーイクスキュースへ »