« 文科省・訪問 準備 | トップページ | カッパの授業 »

2013年1月28日 (月)

think 考えよ

20代の8年間、IBMに勤めていました。
 
ですから、27日に上野でロダンの“考える人”を見ると、
 
咄嗟に写真をとってみたくなります。(笑)
 
IBM 社内では、ボールペン、手帳、時計、演壇など至るところに
「THINK」という文字が刻み込まれていました。Thomas J. Watson に
よれば、本当の「THINK(考える)」という状態に至るまでには、
以下の 5 つのステップがあるとされています。
実際、エンディコットの階段には、そのステップが書かれているようです。
 
STEP 1. READ (本や雑誌などを読む)
 
STEP 2. LISTEN (人の話に傾聴する)
 
STEP 3. DISCUSS (周囲の人たちと議論する)
 
STEP 4. OBSERVE (物事の推移を観察し洞察する)
 
STEP 5. THINK (考える)
 
5 つのステップを経て「THINK(考える)」という段階に辿り着きます。
日常振り返ってみて、単に「考えている」ということだけをして何の
アウトプットも出さずに、時間を無駄を過ごして人は少なくありません。
超一流のアウトプットを生み出すために、上記に掲げた「THINK」に
辿り着くまでの 5 つのステップはシンプルだが重宝な方法論だと、今も思います。
 

|

« 文科省・訪問 準備 | トップページ | カッパの授業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: think 考えよ:

« 文科省・訪問 準備 | トップページ | カッパの授業 »