« 5月31日は | トップページ | やなせたかし  みんなで喜ばせごっこを! »

2013年5月 3日 (金)

融合研のフォーラム。スケジュール確定

 「学校と地域の融合教育研究会」千葉ミニフォーラム・第11回研修会

1.日時:2013年6月1日(土)

10:00開場 10:30 開始 16:30 閉会

閉会後1700より懇親会を予定しています。(場所未定)

2.場所:千葉県習志野市秋津小学校・秋津小コミュニティルーム

大会議室 ※見学視察もできます。

千葉県習志野市秋津3-1-1 電話0474-51-1550

(だれかがいればでます)

3.費用: 参加費 1000円(資料代) 懇親会 5000円

4.参加申込み (5月24日(金)締切)

千葉県支部・事務局・佐竹正実宛

メールまたはFAXにて、融合メールでも可

・メール satabo@sa2.so-net.ne.jp TEL&FAX 047-453-7620

5.プログラム

支部長・会長のあいさつ、参加者の自己紹介。

(1)近藤未央さん[10:40-11:00

日本大学文理学部教育学科卒業生

卒業論文「学校と地域の連携・協働を成功させる要因の検討」

(2)栢木 修さん[11:00-11:50

池田市立池田中学校区MTP(マイタウンプロジェクト)

優れた「地域による学校支援活動」推進にかかる文部科学大臣表彰

地域の人による学校支援活動を積極的に展開し、府内の学校支援地域本部事業推進への貢献も高い。学校支援の仕組みをNPO化し、協力人材の集め方や地域の主体性を生かしている点で、注目すべき取組となっている。

*昼食[11:50-13:00](

(3)今野久美子さん[13:00-13:50

仙台市地域支援本部 ・わいわいパーク黒松

優れた「地域による学校支援活動」推進にかかる文部科学大臣表彰

卒業生も顔を出す放課後子ども教室。地域の子どもの縦のつながりは永年の活動の成果です。支援本部の核・子どもの「ななめの関係」づくりの場として、学校・地域の「なくてはならない存在」に成長しました。活動後の情報交換の場が、学びの場として位置付き、スタッフの育成につながっています。

(4)大谷裕美子さん[13:50-14:40

河内長野市立美加の台中学校区学校支援地域本部(ゆめまなびネット)の取組み 優れた「地域による学校支援活動」推進にかかる文部科学大臣表彰

小・中学校両方の校内にコーディネーターが常駐できる拠点があり、在校している日は職員室に明示され、教職員から相談・依頼をしやすい工夫があります。小・中学校ともに、地域連携担当の教職員をおき、地域へニーズを発信する等コーディネーターとの連携を円滑にしています。ボランティアが集う研修・交流会を定期的に行い、モチベーションの維持・向上を図っています。校内掲示、「ゆめ☆まなびNEWS」、ホームページ等による情報発信も充実しています。

-------------------- 休憩---------------------------------

(5)前田学浩さ15:00-15:50

稲生小学校区支援地域本部(南国市)

優れた「地域による学校支援活動」推進にかかる文部科学大臣表彰

「朝型社会の復権に向けて」というテーマを掲げ、毎週明けの朝礼時には子どもとともにラジオ体操を行い、その後、読み聞かせ、環境整備等の活動を行っている。また、体験型教育プログラム支援として、「食育」や「花育」に力を入れるとともに、学校に隣接する公民館とのコラボによる地域ぐるみの文化祭「稲生の文化が薫る日」にも取り組んでいる。

(6)秋津コミュニティの活動のご紹介 NPO法人日本教育再興連盟賞15:50-16:10

最近の状況などを会長の橋村(または運営委員)から紹介させてもらいます。

 

<総括> 宮崎会長、岸副会長に今後の展開や課題などを話していただきます。

(交通アクセス)

《 お車の場合 》 京葉道路 ・花輪インターより国道14号を千葉方面約10分

・幕張インターより国道14号を船橋方面約10分

湾岸道路 ・習志野インターより東関東自動車道を船橋方向に5

《 電車の場合 》JR京葉線 新習志野駅より ・徒歩15分

JR総武線 津田沼駅より ・南口7番 津51,52系統 新習志野駅行き約15分 「秋津小学校前」

|

« 5月31日は | トップページ | やなせたかし  みんなで喜ばせごっこを! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 融合研のフォーラム。スケジュール確定:

« 5月31日は | トップページ | やなせたかし  みんなで喜ばせごっこを! »